SSブログ

奇蹟の十四カ月(台東区竜泉三丁目) [東京散策]

竜泉 007.jpg
兄、父を失い、戸主になった樋口一葉が商売で一家の生計を立てようと、本郷から竜泉寺町の転居してきたのは明治26年7月20日のことでした。
小説一本で一家を支える道を断念した結果の選択でした。
しかし、商売はおもわしくなく、やがて行き詰まり、店を畳んで、本郷に転居してしまいます。
一葉が竜泉寺町に住まうこと、わずか10カ月のことでした。
今ここに、一葉記念館があります。 
写真は、一葉記念館に展示の龍泉寺における住まいです。
一葉の商いは荒物と駄菓子でした。
店舗の障子に「あらもの、だがし」の文字が書かれ、店内には商品が並べられています。 
二軒長屋の隣は車屋、右隣は酒屋となっていました。 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かくいふは魔性の人か神の言葉か(西池袋界隈) [東京散策]

西池袋 041.jpg
出張、旅行の前には、山川出版の歴史散歩シリーズを開いてみることが習慣となっています。
先日の福岡出張の前にも「福岡県の歴史散歩」をパラパラと眺めていたら、飯塚市の項に旧伊藤伝右衛門邸が紹介されていました。
白蓮事件の柳原白蓮が一時期を過ごした処です。
 
「同棲十年の良人を捨てゝ白蓮女史情人の許に走る」
白蓮の駆け落ちを報じる大正10年10月22日付け東京朝日新聞の見出しです。 
白蓮の夫への絶縁状が掲載され、夫伝右衛門の反論が毎日新聞に載り、当時の世間を賑わせました。
記事の見出しの情人とは東大生の宮崎龍介です。
白蓮が龍介を知るようになったころの短歌を今回のタイトルとしました。
『君故に 死も恐るまじ かくいふは魔性の人か神の言葉か』

龍介の居る東京に来た白蓮は、やがて龍介の実家に住まい、そこで生涯を過ごしました。
その住まいが西池袋にありました。
大正天皇の従兄妹にあたる高貴の人、気に染まない結婚であるが飯塚で豪邸に住んだ女性が、その後半生を過ごした住環境を覗きたくて、西池袋界隈を散策してみます。

写真は白蓮の住まい近くの目白庭園に咲く寒緋桜です。
花言葉は「あでやかな美人」「高貴」なのだそうです。 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水鏡天満宮あたり(福岡) [只今出張中]

唐津 115.jpg
福岡出張の宿の玄関を出ると、目の前に赤煉瓦の建物が聳えていました。
明治42年に建てられた生命保険会社の建物です。
今は、福岡市赤煉瓦文化館となっています。
この建物の裏に水鏡天満宮があります。
左遷させられ大宰府に向かう菅原道真が福岡に上陸し、川面に映る自らのやつれた姿に嘆き悲しんだという伝承にちなんだ神社です。
福岡の繁華街「天神」の地名の由来となっています。
ホテルも天神に所在していますので、夜の天神をうろつくことになりそうです。 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

唐津ミッション・ツアー [東京以外散策]

唐津 055.jpg
急に福岡出張の話があって、行ってきました。
仕事の前日福岡入りして、唐津まで足を伸ばしています。
地下鉄がJR筑肥線に乗り入れしています。
各駅に止まりながら走る列車は、やがて海沿いを進みます。
幸い乗客もまばらな車両の中です。 
窓に顔をくっつけて九州の海を堪能しました。

唐津城まで来ました。
豊臣秀吉の家臣、尾張人寺沢広高が築城しています。
慶長7年(1602)年から7年の歳月をかけて完成したお城といいます。
当時、廃城となっていた名護屋城の用材を用いて造られたそうです。
名護屋城は秀吉の朝鮮出兵の拠点でした。
関ヶ原合戦後とはいえ、家康への将軍宣下はこの翌年、大阪の秀頼はまだ健在の時期です。
寺沢さんは、誰にことわって名護屋城の用材の使用をしたのでしょうか。
その事だけが、気になっています。 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます