SSブログ

鬼の如く黒く恋の如く甘く地獄の如く熱き [東京散策]

新橋・パウリスタ 048.jpg

新橋駅から高架沿いに歩いています。
煉瓦造りの高架は東京駅開業に先立ち、東京市郊外輪環線(山手線のことです)の一部として明治39年に着工された建造物です。
煉瓦アーチの高架による立体交通システムは、当時としては画期的なものだったでしょう。
使用された煉瓦の数を想像すると気が遠くなります。
100年物の風合いを楽しみながら、しばらく線路沿いに歩いてみました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

烏森駅界隈 [東京散策]

新橋・パウリスタ 002.jpg

現在の新橋駅の東口にはD51の動輪と鉄道唱歌の碑があります。
「汽笛一声新橋を はやわが汽車は離れたり 愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として」
で始まる鉄道唱歌は明治33年(1900年)の作です。
歌われた新橋は、汐留シティセンタービルの前に再現された「旧新橋停車場」であることは御存知だと思います。
大正3年(1914)12月20日東京駅が開業すると同時に、旧駅は貨物専用駅として汐留駅と改称され、現在地が新・新橋駅となりました。
それまで、ここは烏森駅と呼ばれまていました。
新橋駅周辺は新橋2丁目にあたりますが、当時の地図では烏森町との名が見られます。
その経緯からすれば、鉄道唱歌の碑の存在はどうなんでしょうか。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

除魔神事を見る(鎌倉) [東京以外散策]

鎌倉 008.jpg

新年の江ノ島、鎌倉散策をしました。
新宿から小田急で江ノ島へ向かっています。
車内で求めた缶ビールは箱根駅伝のデザインとなっていました。

テレビでの観戦が例年の正月スタイルとなっています。
年末に読んだ本のせいで、観戦にも熱がはいりました。
「箱根駅伝 襷をつなぐドラマ」の著者酒井政人は東京農大で10区を走ったランナーです。
各区の戦略ポイント、選手のインサイドストリー、新人獲得のスカウティングなど、
テレビ観戦のガイドブックとして、面白い内容の内容ではありました。
その本の中のタイトル『MとA、新ブランド校の時代が到来するか』どおり、今年は青山学院の優勝でした。
そういえば「冬の喝采」という駅伝小説もありましたね。
作者の黒木亮は、瀬古から襷を受けて3区(55回大会)を走ったランナーです。

ビールのせいか、かなりな寄り道をしています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

増上寺 黒本尊 [東京散策]

元旦増上寺 002.jpg

増上寺の大門、日本橋を出た東海道はこの門の前を過ぎ、品川宿へ向かっていました。
徳川家の菩提寺、三縁山増上寺はこの奥です。

大門は江戸に二つしかなし、吉原大門、増上寺の大門。
大門を潜り、ここから初詣は始まります。

注:吉原のは「おおもん」と読み、増上寺は「だいもん」と読みます。


続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます