SSブログ

増上寺 黒本尊 [東京散策]

元旦増上寺 002.jpg

増上寺の大門、日本橋を出た東海道はこの門の前を過ぎ、品川宿へ向かっていました。
徳川家の菩提寺、三縁山増上寺はこの奥です。

大門は江戸に二つしかなし、吉原大門、増上寺の大門。
大門を潜り、ここから初詣は始まります。

注:吉原のは「おおもん」と読み、増上寺は「だいもん」と読みます。


元旦増上寺 016.jpg

大門を過ぎてしばらく歩くと三門です。
門に張られた幔幕には、三つ葉葵が誇らしげです。
徳川家康寄進の三門が今に残ります。
京都知恩院の三門に匹敵するような大きさです。

(注)浄土宗総本山知恩院の三門は二代将軍秀忠寄進、増上寺よりはわずかに大きいようです。
 
元旦増上寺 054.jpg

三門を抜け、お参りをしました。
小雪舞う、冬空に聳える本堂です。

元旦増上寺 024.jpg

お詣りを済まして、本堂を横に抜けたら、そこにも人が集まる御堂があるではないですか。
「黒本尊」と墨された旗が靡いていました。

元旦増上寺 029.jpg 

黒本尊を祭る安国殿の前は人だかりでした。
黒本尊でイメージをするのはダークな世界です。
・・・闇の本尊?、裏本尊?
危険ドラッグ風の、危なげ、かつ効きそうな御利益を思い浮かべました。

元旦増上寺 0571.jpg

思い入れいっぱいで参拝してきましたが、
黒本尊は徳川家康の念持仏なのだそうです。
家康が戦勝を祈願して、戦場にも持参した阿弥陀如来像だそうです。

勝負に強そうなので、お札を買ってきました。
これで、今年は強運、間違いなし。

元旦増上寺 031.jpg

お地蔵さんも揃って、めでたし、めでたしと、祝福してくれました。
無事、初詣も終了です。
 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

EstelleGriffith

なので、 判断軸を自分で発見し、自分でルールを設定して、判断を下すことができます。 例えば、2045年に人工知能が人間の思考能力を超える「シンギュラリティ(技術特異点)」が起こると言われていますが、それもこの 「レベル4」の人工知能が開発されることで、人間の手を離れたところで学習能力を身に付け、発展させられるようになると考えられているから なのです。 <a href=https://jamedbook.com/1-2/>https://jamedbook.com/1-2/</a> いきなり散歩はまず不可能ですから。あとは当時の状態への再発に気をつける生活の相談は主治医にしています。 わたしにとっては貴重なセミナーでした。
by EstelleGriffith (2018-11-21 21:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます