SSブログ

三社祭 [東京散策]

三社祭り 03801.jpg

先週の神田祭に続いて、今週は浅草の三社祭です。
毎週、祭に浮かれている様子が丸見えなので、昨日はキリンラーメンの話を挟んでみました。

浅草は人でいっぱいでした。
仲見世に続く宝蔵門を抜ける神輿です。
各町内の御旅所を出た町神輿が続々と浅草寺に集まって来ます。
今日の連合渡御の集合場所は本堂裏手の広場です。
三社祭り 110.jpg


お祭りは4日間にわたりますが、18日は町内神輿連合渡御の日です。
浅草寺本堂裏の広場をスタートした町神輿は、浅草神社でお祓いを受けた後、神社境内から浅草寺境内を巡り、
その後、町々を巡行します。

浅草神社の社殿は、徳川家光寄進の建物です。
その社殿前にカメラを抱えて陣取りました。
100基を超える神輿が次々と目の前を通り過ぎて行きます。

三社祭り 167.jpg


神社境内から出た神輿は浅草寺本堂に向かいます。
今、一基の神輿が鳥居を抜けて出て来ました。

三社祭り 096.jpg


本堂前は神輿のラッシュとなっていました。

喉が渇いたのでビール休憩です。
境内の屋台だと缶ビールの相場は500円、コンビニまで行くと350ml缶が220円、悩ましいところです。
意を決してコンビニ探しに境内をいったん出ました。

三社祭り 169.jpg


コンビニを探して街中を歩きます。
浅草寺境内を出た神輿が町を練っていました。
今日は、どの道筋を歩いても神輿と出会ってしまいます。

コンビニを見つける前に酒屋のカクヤスに行き当たりました。
アサヒスーパードライが200円、コンビニより安い!境内露店との価格差はなんと300円。

三社祭り 171.jpg


祭ばやしを聞きながら、300円差の至福の時を過ごします。
お囃子連も太鼓の脇にビールを置いて、ますます調子が上がっています。

三社祭り 143.jpg


ところで、神輿の担ぎ方にもいろいろ違いがあるそうです。
神田神社、浅草神社などは「江戸前担ぎ」と言われます。
担ぎ手が全員前を向き、つま先を立てて、腰でリズムをとります。
富岡八幡宮のは「わっしょい担ぎ」といい、肩を入れたほうの手で担ぎ棒をつかみ、もう一方の手を前後に振って、早がけ足で進むそうです。
そのほか、「千鳥担ぎ」、「城南担ぎ」など、担ぎ方にも流儀があるそうです。
初めて知りました。
今度は担ぎ方の違いも注意して見物したいと思います。

手拭のかぶり方にも色々なスタイルがあり、それぞれに名前が付いていることも発見しました。
写真右の手前のお兄さん、顔前面に結び目があるのが「喧嘩結び」です。
中央部のお姉さんのは「くわがた」と言います。
女性は「くわがた」が多いようです。
その外、「ねじり鉢巻き」、「喧嘩被り」、「道中被り」などのスタイルがあります。
男性は喧嘩被り、喧嘩結び、喧嘩被りが多いように感じました。

お姉さんの横のおじさんは喧嘩結びでしょうか。
しかしねじり鉢巻のような気もします。
滑らないように、ねじりを入れた喧嘩結びなのでしょう。

三社祭り 243.jpg


街中のあちこちで見かけた半纏姿です。
粋に決まっているのが素晴らしいです。
うらやましいです。

三社祭り 19101.jpg


このような光景もいかにも下町らしい感じです。

三社祭り 195.jpg


そして最後はこれですね。
汗を流したあとのビールは喉に爽やかです。
明日もありますから、ほどほどにと声を掛けたくなります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

nimonimo

お天気も良く絶好のお祭り日和でしたね!

200円のビール最高に美味しかったでしょうネ☆
by nimonimo (2013-05-19 20:12) 

kuma

200円×3缶=大変・・・・でした、最高に。
by kuma (2013-05-23 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます